初めての新居の部屋が素敵すぎた

独り暮らしをしていたのですが、この度結婚して新居に住むことになりました。そこで私達が選んだ部屋が1LDKなのだけど、リビングが18畳という広いスペースでした。

主人が「このリビングをパーティションで区切って使ったら格好いいよな」という言葉に乗せられ、開放的な空間が好きな私も「いいよねこの部屋」と同意しここに決めました。確かに皆で宴会が出来るほどの広さです。

しかも先に住んでいいよと主人に言われたので、
早々に引っ越しの準備を始めました。とはいえ私のワンルーム分の荷物を
持ってくるだけで、新居に置く電化製品や家具は追々に揃えるつもりだったので、引っ越し作業もすぐ終わり、引っ越し屋のお兄さんに「広いリビングでいいですね」と言われながらも片隅にポツンと置かれた私の荷物は何だか間抜けでした。

早速そのリビングの真ん中にテレビと小さなガラスのテーブルを置いてみたら、あまりの広さの空間に間抜けすぎて笑える程でしたね。

それからすぐ妊娠して結局この部屋では、将来子供の部屋も困るだろうとの事で引っ越しをしましたが、あの部屋は今でも良かったなと心に残っています。