引越しのときに不用品が捨てられない

よく、引越しをするときは不用品を捨てる絶好のチャンスと言いますが、私はなかなかそれを上手にできない人間です。私は30代の男性で今まで数回引越しを経験していますが、そのたびにほとんど物は捨てずに引越しをしています。

さすがに私も、不用品は捨てなければならないという意識はあるのですが、いざ引越しの荷物を整理していると、捨てられない人の決まり文句である「もしかしたらこの先いつか使うかも」という気持ちがあり、なかなか捨てることができないのです。

それらを、本当に使う機会があったということのほうが圧倒的に少ないのですが、良く言えば私の「もったいない精神」というものが、それらを捨てることに歯止めをかけてしまうのです。

ただ、荷物ばかりが増えてしまうと、新居に引越してもあまりフレッシュな気分になれないことが多く、いかに不用品を捨てることが大事なのかということを最近では思い知らされています。

ですので、次の引越しのときには、必ず思い切って不用品を捨てられるようにしたいと私は思っています。